学校長挨拶


 宮城県角田高等学校ホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

校長 本校は角田城跡(臥牛が丘)の高台にあり、教室の窓からは伊具盆地が一望でき、四季折々の美しい自然を感じることができます。風光明媚な環境のなか、本年度は153名の入学生を含め、全校生徒486名でスタートしました。
 本校は、明治30年創立の宮城県尋常中学校伊具郡立分校と明治40年設立の伊具郡立角田実業学校を前身とし、幾多の校名改称を経て、両校は昭和23年に宮城県角田高等学校及び宮城県角田女子高等学校となりました。共に100有余年の歴史を有する県内の伝統校として、地域の志ある若者を育み、多くの優れた人材を輩出してきた名門校であり、現在も地域の大きな期待を担っています。
 その両校は平成17年4月に統合され、「質実剛健・自他敬愛」を校訓に、男女共学の新しい宮城県角田高等学校としてスタートし、12年目を迎えました。また、今年度の入学生から「進学重視型単位制高校」としての教育課程を導入し、生徒一人ひとりの興味関心に基づいた教科(科目)選択や生徒の多様な進路希望をかなえることが出来るようにしました。今後、歴史ある伝統を重んじながらも、全人教育の精神に基づいて、高い志を掲げ、学問と心身の鍛練に励みながら、「新しく進化する学校づくり」を推進してまいりますので、同窓生・保護者の皆様方や地域の方々にご支援をいただきますようよろしくお願いします。
 今年度、本校では進学拠点校として学力を保証する教科指導や学習活動の充実に加え、知・徳・体の調和のとれた人間形成を目指した部活動や学校行事の充実、さらには地域と連携した志教育や地域ボランティア活動、アメリカデラウェア州ドーバー高校との姉妹校交流など、地域から世界まで広く社会に目を向けた様々な活動に積極的に取り組んでまいります。また、進路実現に向けた意欲を高める指導や習熟度別の手厚い指導により、入学時の学力を最も伸ばせる学校として進路目標を達成していきたいと考えています。
 角田高校は、これからも地域で育つ子どもたちの教育を担い、地域の期待に応え得る学校として生徒も教師も共に学び続け、地域に信頼される学校づくりを目指してまいります。
 これからも、本校のホームページや角高だより等を通じて、さまざまな教育活動について発信してまいりますので、今後とも変わらないご支援とご協力をお願い申し上げます。













第五代 校長 渡邉幸治
 平成28年4月