保護者の声

きっと合格できる

理系・運動部 男子生徒保護者

 家から近い地元の高校ということで通学には時間がかからず、部活をして帰っても十分に休息がとれる、非常に恵まれた環境の中で過ごした三年間だったようです。

 子どもの高校生活を振り返ってみると、中学からの部活動を高校でも続けたいと言い、三年間、片時も休まず努力していました。また、進学についても、目標とする大学を早くから決め、色々と考えながら準備をしていたようです。勉強と部活、その両立をもがきながらも実践していく子どもの姿に親ながら驚かされていました。しかし、それも先生方の厚いご指導、友人達の協力に支えられたものであることを考えると、角田高校に入学させて良かったと今更ながら実感しております。

 親としては、本人の目標を達成できるように、できるだけの後押しをしようと努めてきました。時には、部活をして疲れて帰ってきた子どもに休ませてあげたいと思いつつ、「勉強しなさい。」などと厳しく言うこともありました。子ども自身、ここで休んではいけないという意識があったのでしょう。親の手前しぶしぶと机に向かうものの、部屋を覗いてみれば一所懸命勉強していました。そんな姿に、「きっと合格できるよ。」と思ったのを覚えています。

 先生方には、部活に勉強に生活にと大変お世話になりました。子どもが学校から帰って色々と話す内容を楽しみながら聞いていると、先生方の奮戦の様子が目に浮かび頭が下がりました。高校三年間で学んだたくさんのことは、子どものこれからの人生にきっと役立つことでしょう。本当にありがとうございました。