学校において予防すべき感染症に係わる出席停止について

 学校保健安全法第19条により、生徒が感染症にかかった場合、本人の療養と他生徒への感染を防ぐため、出席停止の措置をとることになっています。つきましては、お子様が医師により感染症と診断された場合は、その指示に従い、登校許可の診断を得るまでご家庭でゆっくり療養させて下さいますようお願い申し上げます。

 尚、出席停止期間は出席扱いになります。学校において予防すべき感染症及び主な出席停止期間は※別紙のとおりです。ご不明な点がございましたら、担任又は保健室までご連絡下さい。


出席停止の手続き

1.学校において予防すべき感染症(※別紙)と診断された場合、担任へ連絡してください。

2.本校のホームページから【出校停止報告書(PDFファイル)】もしくは【出校願い及び治癒証明書(PDFファイル)】をダウンロードして印刷してください。

  ◆インフルエンザ様疾患(【出校停止報告書】様式1)
   →※家庭において医師の指示内容を記入

  ◆インフルエンザ様疾患以外の学校において予防すべき感染症(【出校願い及び治癒証明書】様式2)
   →※主治医に治癒証明書の記入依頼

  ※印刷できない場合には郵送でお送りしますので、担任または保健室までご連絡ください。

3.登校する際には、【出校停止報告書】もしくは【出校願い及び治癒証明書】を持参し、担任か保健室に提出してください。