定期戦

定期戦とは

 定期戦とは,毎年春に白石高校と各種競技で競い合う行事です。男子校・女子高時代より行われている伝統ある行事で,「必勝角田」のもと学校全体が一丸となることで,団結力が高められます。定期戦の目的は,対戦高校である白石高校と互いに切磋琢磨し,両校の交流を深めることにあります。

 各選手はこの日のために日々の練習に励み,応援団と共に,一般生徒は応援練習に精を出します。定期戦の素晴らしさは,全校生徒が同じ目標に向かうことであり,選手達の熱闘は見ている人にも感動を与えます。

ポスター

◆平成28年度(53回)までの総合戦績:14勝 36敗 3引分◆

◆>>> 過去の戦績はこちら <<<◆


角田高・白石高 定期戦特集

 角田高と白石高との第53回定期戦が5月11日(水),白石高校を主会場にして行われました。
 あいにくの雨の中、両校の生徒会・選手団が入場行進をして定期戦が開幕。応援団によるエール交換や選手宣誓が行われました。
 各会場では8競技・11種目が行われ,勝利は2種目でしたが,生徒も職員も一丸となって応援し,角田の団結と一体感が一層高まった定期戦でした。
 平日にもかかわらず,声援をいただいた保護者の方々,OB・OG,地域の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
 以下では,全体を指揮した応援団長・生徒会長と,定期戦を戦った各部の部長のそれぞれの感想を紹介します。

生徒会長 引地さん(3年)

 角田高校は総合2対9で敗けてしまいました。
 ですが、
 『雨が降っている中、泥にまみれながらも自分の高校の総合優勝のために頑張る姿』
 『自分たちの高校を勝たせるという気持ちを持ってひとつひとつのプレーや応援をしている姿』
 『自分の高校の勝利を信じ最後まで応援している応援団の姿』
は伝統ある定期戦に相応しいものであり、白石高校にも負けていなかったと思います。
 来年は角田の地で定期戦が行われるので、後輩達には今回の雪辱を晴らしてもらい、凱歌を角田の地に響かせてもらいたいです。
 雨の中、応援に来てくださった保護者の皆様やOB・OGの皆様、本当にありがとうございました。

応援団長 平間くん(3年)

 今年の定期戦はあいにく雨だったが、一人一人が角高生としての誇りを持ち、敵地益岡で戦うことができた。
 総合優勝こそ逃したが、皆と共に戦えて本当によかった。誇らしく思う。
 来年は絶対勝って、角田の地で凱歌を響かせてほしい。

弓道部(男女混合) 部長:八島くん(3年)

 今回の定期戦では3本差で敗けてしまい、とても僅差だったことが余計に悔しい結果になりました。
 後輩達には今回経験したことをバネにして、来年は角田の地で勝利してもらいたいと思います。

女子ソフトテニス部 部長:玉渕さん(3年)

 最後まで戦い抜いた結果、白石に打ち勝つことが出来ました。
 来年は是非、今回果たせなかった『総合優勝』を後輩達に実現してほしいと思います。

女子バスケットボール部 部長:中島さん(3年)

 私たち女子バスケットボール部は14点差で惜しくも敗けてしまいましたが、応援してくれた皆さんのおかげで最後まで諦めず頑張ることができました。
 応援ありがとうございました。
 来年はこの悔しさをバネに全力でプレーし、角田の大勝利に貢献して欲しいです。

ソフトボール部 部長:藤原さん(3年)

 私たちソフトボール部は敗けてしまいましたが,応援してくれた皆さんのおかげで最後まで戦うことができました。
 来年こそは勝てるように頑張って欲しいです。

男子ソフトテニス部 部長:齋藤くん(3年)

 自分達は定期戦で惜しくも敗けてしましました。
 この悔しさをバネに県総体では目標を達成し、来年の定期戦では大勝利を収めてほしいです。

卓球部 部長:蓬田くん(3年)

 私たち卓球部は『絶対勝つ!』という気持ちで全力プレイしました。
 ですが、相手の一球一球のスピード・回転の方が、一回り二回りも強く感じ、敗けてしまいました。
 来年はこの敗けをバネにもっと練習して、勝ってもらいたいです。

男子バレーボール部 部長:半澤くん(2年)

 僕たち男子バレーボール部は,0−2で敗れてしまいました。
 緊張で思うようなプレーが出来ないことが多く、定期戦の雰囲気を楽しめずに終わってしまったのは悔しかったです。
 この悔しさを糧に、今以上の練習をして力をつけて白石高校に勝利して、凱歌を歌いたいと思います。

女子バレーボール部 部長:渡邉さん(3年)

 まず初めに、応援して下さった角高生や応援団、先生方、そして温かく見守って下さった保護者の皆様方にお礼を申し上げます。
 『ありがとうございました』
 皆様の応援と見守りが有ったからこそ勝てた試合でした。
 私達女子バレーボール部は、現在1・2・3年生を合わせ21名います。
 なので2・3年生は、どの選手が入っても良い試合が出来る様、それぞれが“優勝”の意識を強く持ち、一日一日の練習を行ってきました。
 そこでは、技術が上がらない、チームでの支え合いがうまくできない、など沢山の悩みや苦労が有りました。
 今こうやってバレーを続けていられるのは、相談に乗ってくれた家族や友人のおかげです。
 定期戦ではこれまでの気持ちをプレーに出しきり、コートに入れなかったメンバーは応援で出し切った試合でした。
 そして3年生にとっては最高のいい思い出にもなりました。
 しかし、白石高校との交流が上手くできなかったことが、一つ課題です。
 来年は、もちろん白石高校に勝利し、交流も忘れず、全員が笑顔でいい思い出になる定期戦をしてほしいと思います。

男子バスケットボール部 部長:八巻くん(3年)

 自分達男子バスケ部は最後まで全力でプレーしましたが負けてしまいました。
 最後まで全力で戦えたのは応援してくれた皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。
 来年はこの悔しさをバネに練習に励んで、この角田の地で凱歌を歌ってほしいです。

剣道部(男女混合) 部長:伊藤くん(3年)

 私たち剣道部は,勝利に貢献することが出来なかったので、後輩達には、来年勝利し、総合優勝してもらいたいと思っています。

サッカー部 部長:加川くん(3年)

 総体、定期戦と悔しい結果に終わってしまいました。
 1、2年生の皆にこの思いを晴らしてほしいと思います。

平成28年度(第53回) 定期戦の結果

総合戦績:  2勝9負(中止:野球)

勝 敗  種  目           角田−白石
 ×  剣 道(男女混合)        0− 7
 ×  弓 道(男女混合)       47−50
 ×  卓 球(男子)          0− 5
 ×  バスケットボール(男子)    50−95
 ×  バスケットボール(女子)    54−68
 ×  バレーボール(男子)       0− 2
 ○  バレーボール(女子)       2− 1
 ×  ソフトテニス(男子)       0− 5
 ○  ソフトテニス(女子)       3− 2
 ×  サッカー(男子)         1− 2
 ×  ソフトボール(女子)       0−12
    野 球(男子)          中 止 

角高・白高定期戦 覇権奪還へ
三者会談〜校長・生徒会長・応援団長〜4月19日

三者会談

◆生徒会長 引地くん
  今回,校長先生との会談を終えて,私はますますこの伝統ある角白定期戦で大勝利をおさめ,敵地益岡で最高の凱歌を響かせたいと思いました。校長先生の時代のように3連覇というすばらしい結果は出せませんが,角田高校を勝利に導き,校長先生を胴上げしたいです。

◆応援団長 平間くん
 定期戦での優勝経験豊富な校長先生の話を聞いて,勝つイメージはできた。あとは俺ら角高生一人ひとりがもっと必死になれば絶対に白高に勝てる。 必勝角田!この言葉を胸に応援練習,部活に励んでほしい。

平成28年度(第53回)角白定期戦 近し
〜のぼり作製,応援練習 朝の声出し 始まる〜

 男子校時代からの通算で53回目の白石高校との定期戦が来月,敵地益岡の地を会場にして行われます。来るべき決戦に向け,生徒会や応援団が中心となって,幟(のぼり)を作製し,応援練習を開始しました。21日からは校門前での朝の声出しも行われています。全校生徒の気持ちが選手一人一人を後押しし,必ずや「覇権奪還」に結び付くことと思います。
  必勝角田! 打倒白高! 臥牛快勝!

定期戦 


平成27年度(52回) 定期戦の結果

◆>>> 平成27年度(52回) 定期戦の結果はこちら <<<◆

平成26年度(51回) 定期戦の結果

◆>>> 平成26年度(51回) 定期戦の結果はこちら <<<◆

平成25年度(50回) 定期戦の結果

◆>>> 平成25年度(50回) 定期戦の結果はこちら <<<◆

平成24年度(49回) 定期戦の結果

◆>>> 平成24年度(49回) 定期戦の結果はこちら <<<◆

平成22年度(48回) 定期戦の結果

◆>>> 平成22年度(48回) 定期戦の結果はこちら <<<◆

平成21年度(47回) 定期戦の結果

◆>>> 平成21年度(47回) 定期戦の結果はこちら <<<◆

過去の戦績

◆>>> 過去の戦績はこちら <<<◆

上へ▲